睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアル内容 | 睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアル~睡眠時無呼吸症候群を治す方法~

睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアルの内容について(11)

エクササイズで解消・改善できる!! 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアル

 
 
繰り返しになりますが、特殊な器具を使用するわけでもなく、不自然な動きを強いるわけでもありません。副作用は一切ないと断言できます。

この「マニュアル」以外に、特別に購入するものもございません。

マニュアルにはその他に、多くの睡眠時無呼吸症候群の方が肥満の悩みをかかえていることから、

ダイエットを行なう前に知っておくべきこととは?

インチキな「ダイエット法」に手を出さないために留意すべき必須知識とは?

体質改善に立ちはだかる「負のスパイラル」を短期間に解決するテクニックとは?

を加筆しております。まさに今ダイエット中の方にも、あるいはまた、これからダイエットをしようとしている方にも、必見の情報です。

その他にも、体質改善を加速するための「裏技」ともいうべき方法について、盛りだくさんで紹介しております。

これらの知識があれば、あなたもわたしと同じように、わずらわしい睡眠時無呼吸症と、CPAPやマウスピースから解放され、人間本来の自然で快適な睡眠を実現することが可能になるのです。

※机上の空論や、奇をてらっただけの実践困難な「健康法」はいっさい含まれておりません。

※また「エクササイズ」「生活習慣改善」「体質改善」はバラバラに存在しているわけではなく、互いに原因になり結果になりながら有機的につながっていることも説明しております。

思い切って、ここに実際の「マニュアル」の一部を抜粋します!

睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアル

(上図解説)

「エクササイズ」が(広義の)体質改善をもたらし、睡眠時無呼吸症の解消につながる。

体質を改善するには、他に「生活習慣の改善」も必須であり、また体質改善を強く促す方法も存在する。

生活習慣のちょっとした改善が、即、睡眠時無呼吸症候群の改善につながる場合も少なくない。

そして、睡眠時無呼吸症候群の改善が結果として体質を改善していく。

さらにマニュアル本文を一部抜粋してみます。

ひとつ例をあげると・・・、
 
不適当な「生活習慣」が原因で寝込みがちになり、脚の筋肉が落ちてしまったとします。

その状態から、一念発起してたとえ「生活習慣」を改善したとしても、それだけでは脚の筋肉はもどりません。

脚の筋肉を取りもどすには、さらに適度なエクササイズ(脚筋力ならウォーキングやランニングなど)が必要になります。

それと同じです。

そのために「睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ」があるのです。(マニュアル「習慣編」より抜粋)

※このようなコンセプトで「マニュアル」は作成されております。
 
 
>>睡眠時無呼吸症候群エクササイズ&習慣マニュアル公式サイト
 
 
 
 
 

睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアルの内容について(10)

エクササイズで解消・改善できる!! 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアル

 
 
肝心の「エクササイズ」マニュアルの内容を一部紹介すると・・・、

即日実行可能。エクササイズの基本的方法。

かたちだけでは効果半減! 効果を確実にするための「意識」の置き方とは?

あと一歩。エクササイズの効果が現れる兆しとは?

効果の現れにくい方のための応用編。負荷をより高めるための方法、A・B・C。

さらに別の角度からも。効果を際立たせる部位別サブ・エクササイズとは?

わたしのインスピレーションのもとになったあることとは?

エクササイズを日常に取り込み、効果が現れるまで継続させるためのコツとは? 

エクササイズそのものだけではなく、睡眠時無呼吸症の誘因となる生活習慣についても詳しく解説いたします。意外に知られていないのが現実です。

わたしも実は今でもついやってしまいます。そのような日は、(エクササイズのおかげで)睡眠時無呼吸まではいたりませんが、「いびき」がうるさくなってしまいます。

この点についても是非とも知っていただく必要があります。

※マニュアル「習慣編」の内容の一部を紹介すると・・・

現代人の多くが当てはまりがち。睡眠時無呼吸症を誘発する生活習慣とは?

わたしが睡眠時無呼吸症になってしまった一因と考えられる、ある「行動」とは?

先ほど、睡眠時無呼吸症候群であることはあたかも神さまからの「烙印」であるように感じた、という表現をいたしました。

自分の呼吸機能には先天的な欠陥があったのだ、と。

あれは「当時」のわたしの率直な気持ちです。

正直、自分の身体が嫌いにもなりました。

しかし、今だから言えるのですが、わたしが睡眠時無呼吸症候群になったのは先天的なものではなかったようです。

それ以前に長年行なっていた「あること」が、睡眠時無呼吸症候群の遠因になっていたのだと、いまとなっては確信しております。

「あること」を趣味にしている方は、それこそ多数いらっしゃいます。

その「あること」自体、身体に有害なことではありません。

しかし、それを一生懸命行なえば行なうほど、もしかしたら睡眠時無呼吸症を誘発することにもなりかねないのです。

しかし別に「あること」をやめる必要はありません。

「あること」をつづけていても「エクササイズ」を実践すれば、プラス・マイナスの結果 → プラスが勝ります。

また、「マニュアル」を読んだ方は、呆気にとられるほどシンプルなエクササイズだとお思いになるかもしれません。費やす時間も一日ほんの数分間。

しかし、むしろシンプルであるがゆえに、ほとんどの人たちは、この方法に思い至ることができないのです。

いわば「コロンブスの卵」です。
 
 
>>睡眠時無呼吸症候群エクササイズ&習慣マニュアル公式サイト
 
 
 
 
 

睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアルの内容について(9)

エクササイズで解消・改善できる!! 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアル

 
 
睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアル

自分自身での実験、それに複数のモニターで裏づけを得た「訓練法」に加え、さらに、睡眠時無呼吸症候群の解消・改善に必要な基本知識を体系的にまとめあげ、このたび、「睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアル」と題して、わたしのつかんだノウハウの公開に踏み切ることにいたしました。

「でも、そんなに効果のあるエクササイズなら、さぞ難しいのでは?」
「習得するのが難しい特殊な『訓練法』ではないのですか?」
「運動神経にあまり自信がないのですが、できるでしょうか?」
「もう年齢も年齢だし、エクササイズって言われてもなぁ・・・」

あなたがそう思われるのも無理はないかもしれません。

ですが、もし難しくてできないかもしれない、と思われているのでしたらご心配無用です。

特殊なテクニックが必要な「動き」ではありません。

理解するのが難しい複雑な「動き」でもありません。

もちろん、危険の伴う「動き」でもありません。

ちょっとしたコツは必要ですが、むしろ「日常動作」の延長にある簡単な動きを、根気よく繰り返し継続してもらうことこそが肝心です。

ですが、効果は「てきめん」です。

「・・・いいのか? こんな簡単な方法でよくなっちゃって・・・」と、考案したわたし自身が驚いたということを、もう一度思い出してみてください。

もしかしたら、「訓練法」「エクササイズ」だと構える必要すら無いほどかもしれません。

そうなのです。それほどの「覚悟」など必要ありません。

あなたにいま必要なもの・・・、それは、ほんの少しの「知識」と、そして、ほんのちょっぴりの「実行力」だけなのです。
 
 
>>睡眠時無呼吸症候群エクササイズ&習慣マニュアル公式サイト
 
 
 
 
 

睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアル~睡眠時無呼吸症候群を治す方法~ TOP » 睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアル内容