睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアルの価格について | 睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアル~睡眠時無呼吸症候群を治す方法~

睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアルの価格について

エクササイズで解消・改善できる!! 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアル

 
 
この価格は高いでしょうか、安いでしょうか?

あなた「12,000円ですか。少し高めですね・・・」

わたし「それでは、いくらなら妥当な価格だと思われますか?」

あなた「2,000円かな? それとも、3,000円?」

わたし「あなたは自分の身体にその程度しか掛けようとしないのですか?」

あなた「どういうことでしょう?」

わたし「言い換えると、こういうことになります。あなたにとってあなたの身体は2,000円の価値しかないのですか?・・・」

・・・ちょっと辛辣な言葉だったかもしれません。

ですが、自分の身体の「将来」のことを考え「1ヶ月に1〜2万円」のサプリメントを購入している方も、けっして珍しくありません。

参考として、わたしが睡眠時無呼吸症候群の「治療」に使った費用の一部をご紹介いたします。

当時のわたしも自分の身体の将来のことを考え、これだけのお金をかけたのです。(2003年当時のものです。また金額は病院によって多少上下するはずです)

●睡眠時無呼吸症候群か否かの検査(終夜睡眠ポリグラフ)のための初回入院費(一晩) 13,000円
●CPAPの空気圧調整を兼ねた検査(終夜睡眠ポリグラフ)入院費(一晩) 28,000円
●マウスピースを装着しての検査(終夜睡眠ポリグラフ)のための入院費(一晩)  13,000円
●CPAPのレンタル料(4,500円/月 × 3ヶ月分) 13,500円
●マウスピース代金 約20,000円

その他、細かいところでは、それぞれの初診料:数百円。定期検診料:数百円。

マウスピース作製に際しての検査費:計一万数千円。

そして、通院のための交通費:計数千円がかかっております。

こうやって書き出してみると、本当に多額のお金のかかることがあらためて実感されます。

でもわたしの場合、CPAPの使用を早々にやめてしまったので、レンタル料がこの程度で済んだのです。

保険が適用されるとはいえ、一ヶ月数千円の負担となるCPAPレンタル料金。

しかもレンタル料は、CPAPを使用している限り一生払いつづけることになるのです。

その上レンタルのためには一ヶ月に一度の定期受診(無料ではありません!)が義務づけられております。

繰り返しになりますが、当時のわたしは自分と家族の将来を考え、これだけの金額を「活き金」と思って投じたのです。

ですが、同じこと(治療)をみなさんにお奨めするつもりはございません。

もっと「安価」で「実効性」の高い方法(エクササイズ)があるのですから。

【 無呼吸症を放置することで将来罹るかもしれない病気の治療費 】あるいは、【 永久につづくレンタル料金(+定期受診料) 】

それと、【 一度おぼえてしまえば自分の財産となる貴重なノウハウ 】

比較するまでもないでしょう。

そもそも命の価値とは較べようもありません。

しかし細かい現実を考えても、レンタル料の約2ヶ月分、または、たった1回の検査入院費にあたる金額で、やがてCPAPと無縁の生活を送れるようになるのです。

スリープスプリント(マウスピース)にしても、作るまでは専門医による検査、診断、と各々数千円ずつかかるのが現状です。

作ったあともそれで終わりではありません。歯と歯茎の定期検診、スリープスプリントの微調整がずっと必要になるのです。

もちろんそれらも無料ではありません。

「マニュアル」が高いか安いか、問いかけるまでもないことではないでしょうか?
 
 
>>睡眠時無呼吸症候群エクササイズ&習慣マニュアル公式サイト
 
 
 
 
 

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアル~睡眠時無呼吸症候群を治す方法~

睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアル~睡眠時無呼吸症候群を治す方法~ TOP » 睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアル価格 » 睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアルの価格について